院長ブログ

歪み?ズレ?

『骨盤が歪んでますね』

『背骨がズレてますね』

言われたことのある方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
私も業務の際に『私、骨盤歪んでませんか?』と聞かれる事があります。

この『歪み』や『ズレ』というのは、実はとても誤解を招きやすい表現ですので、私はこの表現の使用には細心の注意が必要だと考えています。

まず『ズレ』に関してですが、『関節面が正常な範囲を超えてズレている』という状態は医学的に『脱臼』に当たります。


本当にズレてたらえらいこっちゃです。
早急に医療機関を受診しましょう。

 

では、この場合はどうでしょう。
これは運動軸が『ズレ』ていると表現できます。
関節面は正常な範囲を逸脱していないので、骨がズレているわけではありません。
静止像では分からない動作上での『ズレ』をエラーとして見つけ出すという事は非常に重要です。

 

次は『歪み』についてです。

背骨が歪んでいます。
この場合は側彎症という病名がついており、発症原因は分かっていません。
単に横に曲がっているわけではなく、三軸的に回旋を伴って彎曲しています。
残念ながら保存療法ではこれを真っ直ぐにする術は無いようです。

よくお見かけするような図です。
この場合『骨盤の歪み』という表現は正しいでしょうか?

骨盤は傾き、回旋していますが、『骨盤という構造体が歪んでいる』場合それは骨の変形です。我々の手に負えるものではありません。

巷には安易に『歪み』『ズレ』を用いる『骨盤矯正』が溢れかえっていますが、しっかりとした理論のもと実施されているところがどのくらいの割合あるのでしょうか?

骨盤の『傾き』『回旋』は変化する可能性はありますが、専門家の適切な評価のもと、トレーニングや生活習慣の見直しなど、ご自身での努力が必要不可欠です。

リアン鍼灸接骨院のご案内

住 所:
〒920-3114 石川県金沢市吉原町ホ47 アローヒルズ1階
アクセス:
JR森本駅から徒歩1分・金沢おぐら座様斜め向かい
各種保険・交通事故取扱
お問い合わせ・ご予約
076-299-5543
お問い合わせ・ご予約:
TEL.076-299-5543
受付時間:
午前 9:00〜12:00
午後15:00〜20:00
休院日:
木曜日

メールでのお問い合わせ