各症状と施術例

オスグッド・シュラッター病

成長期のスポーツ選手にみられる膝の痛みで有名な疾患です。
サッカーやバスケット選手に多く発症する、ひざ下の隆起と痛みが主症状の疾患です。
ダッシュ・ジャンプといった動作でのオーバーユース(使い過ぎ)を起因として発症します。

成長期の脛骨結節(ひざ下の出っ張った部分)には軟骨の成長線があり外力に弱く、そこには付着している強靭な筋肉(大腿四頭筋)による牽引力が常にかかっています。
ジャンプやダッシュ、キックなど、脛骨結節に大きな力が繰り返し掛かることにより、脛骨結節が変性し腫れや熱感を伴う炎症を生じ痛みが出ます。

多くの場合は患部の安静により回復していきます。
大腿四頭筋の牽引力を軽減させるオスグッドバンドやテーピングで患部を保護し治癒を促します。
治療と予防において最も重要なのが大腿四頭筋のストレッチングです。
また、オーバーユースによりふくらはぎ、足底、腿裏が硬く動きが悪くなっているケースがほとんどです。
積極的にストレッチングを行い予防につとめましょう。

野球肩

肩に障害が起こりやすいスポーツといえば、まず野球です。
多くはオーバーユース(使いすぎ)を起因として、肩関節周囲の筋肉や腱が損傷を受けることで痛みが生じます。
急激に発症した場合は腱断裂や骨・関節性の外傷も考えられますので、早急な対応が必要です。

投球動作は複雑な運動ですので、肩の治療だけでは解決しないことが多くあります。
重心移動におけるバランスや体幹、股関節の安定性と回旋など全身をチェックする必要があると考えています。


最も損傷を受けやすい部位として、肩の回旋筋腱板(ローテーターカフ)という筋群の障害が挙げられます。
肩の深層に位置する小さな筋群で、いわゆるインナーマッスルと呼ばれる、肩関節の運動の安定性に大きく関与する筋群です。


投球動作不良や投げ込みなどのオーバーユースによってこの筋群に過剰なストレスがかかることで、筋損傷や腱炎などの障害が発生します。
発症した場合は、まずは投球動作の禁止または制限をし、超音波や鍼を使い患部の回復を促します。
肩周り以外に体幹や股関節の可動域向上や立位でのバランストレーニングは再発予防に効果的であると言えます。全身のストレッチや片足立ち訓練など、積極的に実施するといいでしょう。

シンスプリント

シンスプリントは成長期のスポーツ選手に好発し、すねの内側、下3分の1あたりの痛みが主症状です。
主にダッシュやジャンプなどの負荷がかかった際に痛みが生じますが、症状が強い場合は階段や歩行などの日常生活でも痛みが出るケースもあります。

シンスプリントの発生要因として、

・疲労によるふくらはぎの内側の筋肉の伸張性、柔軟性の低下

・足関節の過回内(足首の関節が内側に倒れ込んだ状態)

・疲労による足部の衝撃緩衝能の低下

などが挙げられます。
これに反復して跳躍などの大きな外力が加わることで、脛骨(スネの骨)に骨膜炎や微細な損傷を生じると考えられています。

 

治療は痛みの出る運動の休止または制限、炎症がある場合はアイシングや超音波を使用し炎症緩和を図ります。
下腿や足底の機能回復を目的に運動療法を実施、足関節の過回内やアーチ(土踏まず)に問題がある場合は再発予防と競技力向上のため、当院では矯正インソールの使用をお勧めしております。

むちうち症

むちうち(鞭打ち)症とは、主に自動車の追突・衝突事故等によって起こる頸部の傷害の俗称です。
強い衝撃を受けた際に、まるで鞭がしなるかのように首が動くため、このように呼ばれています。


正式には「外傷性頸部症候群」といい、頸部捻挫・挫傷といった外傷性の症状の他、頸部交感神経の刺激により吐き気や目眩、頭重感、頭痛、筋肉の異常な張りなど、様々な症状を呈します。

最も多いものが頸椎捻挫型(関節周囲の軟部組織損傷)と言われています。
事故当初は興奮状態にあるため自覚症状に乏しい場合があり、数日後から症状が出てくる方もおいでます。
重篤な損傷を伴うケースもありますので、事故後は早急に医師による診察が必要です。

一般的に、治療は時期に応じて薬物療法、物理療法、運動療法が選択されます。
病院や接骨院、鍼灸院では自賠責保険(自己負担金なし)による治療が受けられます。
骨折や神経損傷などがなく、自律神経症状が伴う場合や薬物療法が奏効しない場合は、接骨院での徒手療法や鍼灸治療が有用であると言えます。

椎間板ヘルニアを考える

背骨と背骨の間には、クッションのように働く椎間板という構造があります。
椎間板ヘルニアとは、この椎間板の構造的破綻により、中心にある髄核という組織が椎間板外に突出し、神経根を圧迫することにより痛みや痺れなどの原因となるとされている病態です。

このいかにも痛そうなヘルニアですが、実は多くの矛盾点があります。

①痛みのない人にも高確率でヘルニアがあること(7〜8割)

②摘出しても良くならない人がいること

③ヘルニアが残っていてもリハビリなど保存療法で緩解すること

④神経の圧迫により痛みが生じるという生理学的な根拠がないこと

⑤日によって症状にムラがあったり、症状が出る側が左右逆になったりすること

これらは脊柱管狭窄症や腰椎すべり症などにも同じく当てはまります。
本当にヘルニアが原因でしょうか・・?


ヘルニアや狭窄症の有無と痛みなどの症状に関連が無いことはもう何年も前から言われているのですが、未だにヘルニアが原因と診断されるのが常識となっています。
悪質な場合はレントゲンで診断される場合もあるようです。
ヘルニアはレントゲンには映りませんが、腰〜臀部が痛い→椎間板が薄くなっている→ヘルニアだ、という、勘です。

痛みの原因は筋・筋膜にあり、これを筋筋膜性疼痛症候群(MPS)と言います。

発症には複数の要因が関与しており、筋への過負荷や運動不足、加齢と低活動による筋萎縮、栄養失調、精神状態などが影響すると考えられています。


MPSは筋にトリガーポイントを発生させ、痛みの悪循環を招きます。

運動や入浴などは予防に有用であると言えますし、運動は治療としても効果的です。
MPSという病態の緩解には血液と酸素供給、自律神経を整えるということが重要になってきます。

リアン鍼灸接骨院のご案内

住 所:
〒920-3114 石川県金沢市吉原町ホ47 アローヒルズ1階
アクセス:
JR森本駅から徒歩1分・金沢おぐら座様斜め向かい
各種保険・交通事故取扱
お問い合わせ・ご予約
076-299-5543
お問い合わせ・ご予約:
TEL.076-299-5543
受付時間:
【平日・土曜】
午前 9:00〜12:30
午後14:30〜19:30
※月曜・木曜の午前は予約制
休院日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ