各症状と施術例

むちうち症

むちうち(鞭打ち)症とは、主に自動車の追突・衝突事故等によって起こる頸部の傷害の俗称です。
強い衝撃を受けた際に、まるで鞭がしなるかのように首が動くため、このように呼ばれています。


正式には「外傷性頸部症候群」といい、頸部捻挫・挫傷といった外傷性の症状の他、頸部交感神経の刺激により吐き気や目眩、頭重感、頭痛、筋肉の異常な張りなど、様々な症状を呈します。

最も多いものが頸椎捻挫型(関節周囲の軟部組織損傷)と言われています。
事故当初は興奮状態にあるため自覚症状に乏しい場合があり、数日後から症状が出てくる方もおいでます。
重篤な損傷を伴うケースもありますので、事故後は早急に医師による診察が必要です。

一般的に、治療は時期に応じて薬物療法、物理療法、運動療法が選択されます。
病院や接骨院、鍼灸院では自賠責保険(自己負担金なし)による治療が受けられます。
骨折や神経損傷などがなく、自律神経症状が伴う場合や薬物療法が奏効しない場合は、接骨院での徒手療法や鍼灸治療が有用であると言えます。

リアン鍼灸接骨院のご案内

住 所:
〒920-3114 石川県金沢市吉原町ホ47 アローヒルズ1階
アクセス:
JR森本駅から徒歩1分・金沢おぐら座様斜め向かい
各種保険・交通事故取扱
お問い合わせ・ご予約
076-299-5543
お問い合わせ・ご予約:
TEL.076-299-5543
受付時間:
【平日・土曜】
午前 9:00〜12:30
午後14:30〜19:30
※月曜・木曜の午前は予約制
休院日:
日曜、祝日

メールでのお問い合わせ