各症状と施術例

オスグッド・シュラッター病

成長期のスポーツ選手にみられる膝の痛みで有名な疾患です。
サッカーやバスケット選手に多く発症する、ひざ下の隆起と痛みが主症状の疾患です。
ダッシュ・ジャンプといった動作でのオーバーユース(使い過ぎ)を起因として発症します。

成長期の脛骨結節(ひざ下の出っ張った部分)には軟骨の成長線があり外力に弱く、そこには付着している強靭な筋肉(大腿四頭筋)による牽引力が常にかかっています。
ジャンプやダッシュ、キックなど、脛骨結節に大きな力が繰り返し掛かることにより、脛骨結節が変性し腫れや熱感を伴う炎症を生じ痛みが出ます。

多くの場合は患部の安静により回復していきます。
大腿四頭筋の牽引力を軽減させるオスグッドバンドやテーピングで患部を保護し治癒を促します。
治療と予防において最も重要なのが大腿四頭筋のストレッチングです。
また、オーバーユースによりふくらはぎ、足底、腿裏が硬く動きが悪くなっているケースがほとんどです。
積極的にストレッチングを行い予防につとめましょう。

リアン鍼灸接骨院のご案内

住 所:
〒920-3114 石川県金沢市吉原町ホ47 アローヒルズ1階
アクセス:
JR森本駅から徒歩1分・金沢おぐら座様斜め向かい
各種保険・交通事故取扱
お問い合わせ・ご予約
076-299-5543
お問い合わせ・ご予約:
TEL.076-299-5543
受付時間:
午前 9:00〜12:00
午後15:00〜20:00
休院日:
木曜日

メールでのお問い合わせ