各症状と施術例

緊張型頭痛

緊張型頭痛は慢性頭痛の中でも最も多く、全体の7〜8割を占めるとされています。

ほとんどの方が肩こりや背中の張りなどを自覚しており、姿勢不良や疲労、精神的ストレスなどの理由により筋緊張が亢進し血行障害を起こすことが原因とされています。
日本人のおよそ3〜4人に1人が頭痛を患っているとされ、年齢層は幅広くみられますが、近年ではスマートフォン依存によるストレートネック(スマホネック)と呼ばれる状態が若者を中心に増えており、全体的にやや女性に多いようです。

緊張性頭痛の特徴として、頭を締め付けるような、じわじわと続く症状であることが挙げられます。
後頭部を中心に側頭部や首筋にかけての痛みと頭重感、肩、首のコリを伴い、目の奥の重さや目眩を訴える方も多くおいでます。

頭痛や眼痛を引き起こすトリガーポイント 。
主訴に合わせて反応点を推測し鍼治療を施術します。
前頸部にも反応点があることが分かります。

 

予防やセルフケアとして、肩こりと同じく運動が基本となってきます。
不良姿勢でのスマートフォンやゲームの長時間使用には注意が必要です。
また、リラックスして心を落ち着かせる時間の確保も大切になってきます。生活習慣に合わせて工夫してみましょう。

リアン鍼灸接骨院のご案内

住 所:
〒920-3114 石川県金沢市吉原町ホ47 アローヒルズ1階
アクセス:
JR森本駅から徒歩1分・金沢おぐら座様斜め向かい
各種保険・交通事故取扱
お問い合わせ・ご予約
076-299-5543
お問い合わせ・ご予約:
TEL.076-299-5543
受付時間:
午前 9:00〜12:00
午後15:00〜20:00
休院日:
木曜日

メールでのお問い合わせ