各症状と施術例

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは


はじめに坐骨神経痛とは、臀部から下肢における坐骨神経領域の痛みやしびれなどの症状の総称のことであり、病気の名前ではありません。
坐骨神経は人体で最も太く長い末梢神経です。腰部から臀部、大腿の裏を通り足先までつながります。一般的にこの坐骨神経の走行上に、特に臀部や大腿の裏に症状が出ることを坐骨神経痛と言います。

 

坐骨神経痛の原因


前述の通り、坐骨神経痛とは病名ではなく症状のことを指しており、その原因には様々なものがあります。
最も一般的に言われているものに椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった脊柱の変性による神経の圧迫があげられます。

 

坐骨神経痛の治療


長年、神経の圧迫が痛みやしびれの原因であるとされてきましたが、近年では疑問の声も少なくありません。
神経の役割は運動にしろ感覚にしろ、電気信号による情報伝達です。
痛みという感覚は情報ですので、痛みを感じるという事は、その情報が神経を通り脳まで届いているという事です(経路が逆の場合もあります)。

体内には痛みを感知するためのセンサーがあり、そのセンサーからの情報が神経を通り脳へと送られ、痛みとして認識されます。

つまり、神経は正常に働いているという事です。

神経の過度の圧迫によって起こるのは痛みや痺れではなく、情報伝達の遮断による「麻痺」「無感覚」です。
この場合は医療機関による早急な対応が必要ですので、すぐに医師による診察を受けてください。


当院では坐骨神経痛に対して、MPS(筋筋膜性疼痛症候群)理論に基づき、症状の引き金となっていると推測される、筋筋膜に形成されたトリガーポイントに対して治療を行います。

坐骨神経領域に症状を発生させるトリガーポイントの例

習慣的な運動や姿勢の改善、体を冷やさないようにするといった心がけは予防に役立ちます。長時間の座位や前かがみの姿勢が続く方などは、特に運動習慣を取り入れ予防を心がけましょう。
もしも発症してしまった場合は自己流の強引な運動や動作は避け、専門家からのアドバイスを受けましょう。

いわゆる、ぎっくり腰

急性腰痛症


いわゆるぎっくり腰は、正式には急性腰痛症と言います。
その急激に発症する激しい痛みから、ドイツ語圏ではHexenschuss(魔女の一撃)と呼ばれているそうです。
多くの場合物を取ろうと屈んだときや、くしゃみをしたときなど、ほんのちょっとした動作で突然の激痛により動けなくなってしまいます。まさに魔女の一撃。

 

急性腰痛症の原因


原因には諸説ありますが、実は未だはっきりとした原因は特定されていません。
一般的に運動不足や内臓疲労、精神的ストレスなどが原因と言われていますが、スポーツマンなど活発な方や普段からストレスを感じない方でも発症する事から、同じ急性腰痛症でも複数の病態と原因があるようです。

 

急性腰痛症を発症した場合


もしも発症してしまった場合、通常1週間程度で痛みは落ち着き始めますが、近年の研究によると、
①ベッドで安静にしている
②できる限り普段通り過ごす
を比較すると、②の普段通りを心がけたグループは回復が早く、安静グループは回復が遅いとう結果が出ています。
激痛を我慢して無理をする必要はないですが、発症初期の動けないほどの激痛である場合を除いて、過度の安静は症状を長引かせるようです。
また、背骨の圧迫骨折などの重篤な疾患が隠れているケースもあるので、自己判断を避け、なるべく速やかに専門家へ相談しましょう。

治療


前述の通り原因は定かではありませんが、多くの場合、腸腰筋という筋肉の異常な緊張がみられるようです(この筋肉の攣縮が原因という説もあります)。

当院での治療はこの筋肉を中心とした筋緊張の高い部位に鍼治療を行い、筋緊張緩和と鎮痛を目的とします。
施術直後から症状が緩和するケースがある事から、筋肉の過緊張に原因の一端があると推測できます。
入浴等の温熱刺激については、一概には言えませんが、受傷直後は避けたほうが無難ではないかと思われます。
コルセットをすると楽に動けるという場合はするといいと思います。
コルセットで筋力低下を心配する方もいらっしゃいますが、寝たきりでない限りコルセットの着用による筋力低下は考えにくいので、先述の通り少しでも普段通り動くために、コルセット着用で痛みが軽減するのであれば有用であると言えます。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は慢性頭痛の中でも最も多く、全体の7〜8割を占めるとされています。

ほとんどの方が肩こりや背中の張りなどを自覚しており、姿勢不良や疲労、精神的ストレスなどの理由により筋緊張が亢進し血行障害を起こすことが原因とされています。
日本人のおよそ3〜4人に1人が頭痛を患っているとされ、年齢層は幅広くみられますが、近年ではスマートフォン依存によるストレートネック(スマホネック)と呼ばれる状態が若者を中心に増えており、全体的にやや女性に多いようです。

緊張性頭痛の特徴として、頭を締め付けるような、じわじわと続く症状であることが挙げられます。
後頭部を中心に側頭部や首筋にかけての痛みと頭重感、肩、首のコリを伴い、目の奥の重さや目眩を訴える方も多くおいでます。

頭痛や眼痛を引き起こすトリガーポイント 。
主訴に合わせて反応点を推測し鍼治療を施術します。
前頸部にも反応点があることが分かります。

 

予防やセルフケアとして、肩こりと同じく運動が基本となってきます。
不良姿勢でのスマートフォンやゲームの長時間使用には注意が必要です。
また、リラックスして心を落ち着かせる時間の確保も大切になってきます。生活習慣に合わせて工夫してみましょう。

肩こり

 肩こりとは 

肩こりの原因については色々なものがありますが、実は肩こりについては明確な定義がないため、確定的な診断方法はありません。

一般的に個人の体形や生活習慣に起因するものと、ケガや病気によって二次的に発生するものとに分けられます。
今回は前者についてのお話をさせていただきます。

体形や生活様式に起因するものとして、猫背などの姿勢不良や視力障害などが挙げられます。また、デスクワークなど仕事内容が影響することもあります。

原因については諸説ありますが、同じ姿勢をとり続ける事で、頭や腕を支える筋群の持続的緊張により局所に循環障害が起こり筋肉が硬く張ってきます。
それにより酸素や栄養素が末端の組織まで届かず、老廃物が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられています。

主観的には頸部〜肩上部にかけて「ズーンとした重だるい痛み」や脊柱と肩甲骨の間に「鉄板が入っているようだ」と感じられる方が多いようです。

これを放置し症状が進行すると筋緊張性頭痛や顔面、上肢への関連痛が生じることもあります。
また筋緊張による循環障害が長期に及ぶと、自律神経系に影響しめまいや吐き気などの症状が出てくる場合もあります。

 

 肩こりの治療 

リアン鍼灸接骨院では、硬く張った筋肉に形成されたしこり状の筋硬結(トリガーポイント)に対して鍼治療を行います。

局所的に循環障害を起こしていると推測される箇所に鍼を施入すると、身体は微細な傷と異物を認識し(侵害刺激)組織を修復させるために血管を拡張させる反応が起こります。
この侵害刺激は鍼治療を最も特徴付ける反応であり、同じ血管を拡張させる効果にしても、お風呂や機械で温めるのとは全く違う生理学的過程をたどります。
この鍼治療の特徴により局所的な循環障害を緩解し症状の緩和を図ります。

 

 肩こりの予防 

循環障害や代謝不良による肩こりには、運動療法が著効となるケースが多いようです。
トレーニングやストレッチなど、ハードなものでなくとも良いので、継続した運動習慣を身につけましょう。
普段姿勢に問題がないか、自分では気がつかないことが多いので、家族や同僚にチェックしてもらうといいかと思います。
また、睡眠も重要となりますので、しっかり睡眠を確保しましょう。
睡眠時間の確保が難しい方は、湯船に入浴してから寝る、深酒をしない、など質の向上を意識してみましょう。

慢性化し、痛い→動きたくない→悪化 という悪循環にはまってしまった場合は自分の力だけで改善することが困難な場合があります。
そのような場合は私達のようなプロにご相談ください。
手法は多くあれど、優秀なセラピストは悪循環から脱出させる手段を何かしら持っているはずです。

 

リアン鍼灸接骨院のご案内

住 所:
〒920-3114 石川県金沢市吉原町ホ47 アローヒルズ1階
アクセス:
JR森本駅から徒歩1分・金沢おぐら座様斜め向かい
各種保険・交通事故取扱
お問い合わせ・ご予約
076-299-5543
お問い合わせ・ご予約:
TEL.076-299-5543
受付時間:
午前 9:00〜12:00
午後15:00〜20:00
土日祝9:00〜20:00
休院日:
木曜日

メールでのお問い合わせ